静けさ、

静謐な安堵、無垢へ程近い心持ち。


両手でひと掬いに掬ったそれら孤独の微小な天体の中へ、



ありし日に赤子だった私の清らな目の玉を見て、

その無垢へ星々の流るる灯りを見た。



花ケモノ

花ケモノ お洋服と雑貨のお店

0コメント

  • 1000 / 1000